TOTSUKA ASAHI STREET

2巻 詳しく足指の異常とは??①外反母趾

前回の続きですが、足の指の異常が体へ、大きな悪影響を及ぼすということ少々理解して頂いたと思います。

今回は、足の指の異常とは、一体どのような事か、そのようなものがあるのか??

 

まず足裏異常には大きく分けて3つ存在いたします。

今回は1つ目として、外反母趾を紹介いたします。

一般の方々も足の外反母指の存在はご存知だと思いますが、あまり痛み自体がなければ関心を持たない傾向にあります。

しかし、たまに来る痛みをほっとておくうちに、角度が強くなり見せるのが恥ずかしくなってきてから、危機感を感じる方が大多数です。

この外反母趾を起こす方は、指の正しい曲げるという機能が不能もしくは減弱してしまっている方が、陥る足の異常です。

出来るだけ早急に角度が気になり出したり、足の親指の痛みが出た状態の時に手当を施すことが、角度予防の重要なポイントです。

未病のうち改善し、一生歩ける足を作るためには、足指の機能と力をつけさせるための矯正を行うことです。

当院では、痛みがある際は特殊テーピング法にて矯正します。炎症減退後は、旭町認定商品でもありますホソックスを活用していただき、セルフで足のケアを続けていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回2巻詳しく足指の異常とは??② を投稿させていただきます。

 

詳しくは公式HPチェック  https://kasaharasekkotsuin.com/                笠原接骨院 院長 小林隆人

 

 


INFORMATION

新着ニュース

for TOP